透明なゆりかご ネタバレ 中2

透明なゆりかごのネタバレ中2・14歳条件(12話)

「中2(14歳)の女の子が妊娠している」

 

沖田×華(ばっか)さんは小学生の時の家庭教師の「あっちゃん」という女性にそう聞かされました。

 

>>透明なゆりかごの無料立ち読み&お得購入方法はこちら

 

あっちゃんはこの妊娠している可能性のある真理(まり)ちゃんという中2の女の子の家庭教師をしていました。

 

真理ちゃんの妊娠検査薬は陽性の線がぼんやり出ている状態で、あっちゃんは真理ちゃんの付き添いということで病院に行くことになりました。

 

その結果・・・真理ちゃんは妊娠していることが分かりました。

 

まだ世間を知らない14歳という少女に手を出したのは25歳のナオキという名の男でした。(出会い系で出会ったようです)

 

ナオキは超イケメンの○○大学の人類学の教授らしいのです。

 

プリクラを見るとすごくチャラい外見をしており、とても頭が良いとは思えません。

 

自分の彼女の真理ちゃんが妊娠したにもかかわらず、ナオキは病院に姿を現わしませんでした。

 

ナオキはバックれたのです。

 

真理ちゃんのお父さんとお母さんは中絶を勧めましたが、真理ちゃんは拒否し病院を飛び出して行ってしまいました。

 

今回の真理ちゃんのように中学生の女の子が妊娠することはそう珍しくないといいます。

 

×華さんのバイト先の病院ではすでに3人の女子中学生が来院していたのです。

 

真理ちゃんは2ヶ月経っても中絶に同意はしませんでした。

 

真理ちゃんの妊娠がキッカケでお父さんとの仲はどんどん悪くなっていき、真理ちゃんも精神不安定の状況で家庭環境は悪化していました。

 

「分かったわ産みなさい」

 

真理ちゃんのお母さんは娘の覚悟を受け止めそう言いました。

 

「休学して子育てが落ち着いたら高校に行くって約束して」

 

お母さんは14歳の娘に赤ちゃんを産んでいい条件としてそう約束させました。

 

それから半年後、中2の真理ちゃんのお腹から元気な男の子が誕生しました。

 

しかし新たな生命の誕生と引き換えにとても悲惨なことが起きてしまったのです。

 

赤ちゃんが生まれた日にお母さんが突然亡くなってしまったのです。

 

心筋梗塞の突然死でした。

 

真理ちゃんの妊娠を機にお父さんは怒ってばかり、お母さんは精神不安定の自分の娘を必死に支えケアしてきました。

 

お母さんはそのストレスで突然死してしまったのでしょうか・・・。

 

それから3年。

 

真理ちゃんの子供はすくすくと成長し、今は○○大学を目指して猛勉強中でした。

 

「私が妊娠した時にお母さんはなぜあんなにも号泣していたのか・・・?」

 

真理ちゃんは自ら子育ての大変さを体験してその答えがようやく分かったといいます。

 

それは「母は娘がこれから味わう苦労を知っていたから」でした。

 

真理ちゃんは14歳にして妊娠し子供を産み、どれだけ親不孝なことをしてきたのか、自分が母親になってから痛いほど思い知りました。

 

その後、真理ちゃんは大学を出て大手商社に入社しました。

 

こうして真理ちゃんはお母さんと約束した14歳の時の赤ちゃんを産んでいい条件を果たしたのでした。

 

>>透明なゆりかごの無料立ち読み&お得購入方法はこちら