透明なゆりかご カナちゃん

透明なゆりかご・カナちゃんネタバレ(5話)

×華さんがバイトを始めて早3ヵ月、友達のカナちゃんが母親と一緒に来院しました。

 

カナちゃんは小学5年生で、近所の本屋さんで知り合ったそうです。

 

>>透明なゆりかごの無料立ち読み&お得購入方法はこちら

 

カナちゃんの家では漫画は禁止で、親に内緒でよく来ていて、×華さんも漫画が好きなので漫画友達みたいな感じで打ち解けたのです。

 

カナちゃんの前の父親は暴力を振るう人で、小学3年生の時に再婚し、今の父親は真面目で教育熱心な男性らしいのですが・・・。

 

昨日カナちゃんの母親から娘の様子がおかしいと電話相談があり、そして先ほど検診の結果、性的虐待と思われる傷が複数あることが発覚したのです!!

 

レイプ後の証拠を残すために風呂には入らないよう電話で指示し、被害時に着ていた服は病院側で保管することになりました。

 

被害後、心理的・社会的ダメージを受けないように(セカンドレイプ)慎重に対応するように病院ではマニュアルが用意されているのです。

 

カナちゃんは誰に危害を加えられたとは言わず、病院内では患者さんに声をかけることは禁止されているので、×華さんは家でマニュアルを読みながら私がなにかしてあげられることはないだろうか?と悩みました。

 

それから5日が経過し、父親が病院内で「警察沙汰にして世間にばれたら娘はどうなる!!どれだけ娘が傷つくと思ってるんだ!!」と怒鳴り散らしていました。

 

カナちゃんはいまだ何も言わず、カナちゃんのカルテには分単位で被害状況が書き込んでありました。

 

このカルテは裁判沙汰になった時に重要な証拠になるのです。

 

そしてついにカナちゃんの検査結果が出ました。

 

STD(性感染症)はなく、血液検査も異常なし、しかし炎症反脳が低過ぎでいろんな雑菌が混ざっているというおかしな事実が浮かび上がり、カナちゃんは一度ではなく何回も慢性的に性的虐待を受けていたことが発覚したのです!!!

 

×華さんは心の奥底でもしや・・と思っていたのです。

 

犯人はカナちゃんの今の父親であるということを!

 

×華さんは昔経験した嫌な出来事をカナちゃんに話しました。

 

それは×華さんが小さい頃、知り合いのお兄ちゃんと遊んでいる時に、2人になると体を触ってきたり抱きついてきたりされたことがあると。

 

するとカナちゃんは重い口を開き、「みんなすることだと言われていたの。だから嫌がるカナが悪いと思っていた」と言い、「今のパパにやられた」ということ×華さんに告げたのです。

 

その後、今の父親とは離婚し、カナちゃんは通院は続けたものの途中で学校に行けなくなり、心身共に回復できたのは7年後でした・・・。

 

>>透明なゆりかごの無料立ち読み&お得購入方法はこちら