透明なゆりかご ネタバレ

透明なゆりかごのネタバレ1話

透明なゆりかごの漫画1巻−1話は「命のかけら」です。

 

作者の沖田×華(ばっか)さんは1997年の時に准看護科の高校3年生で、夏休みに病院でバイトを始めました。

 

>>透明なゆりかごの無料立ち読み&お得購入方法はこちら

 

雑用や介助が主な仕事で、バイトを始めて間もない頃に中絶と出産の現場に立ち会うことになりました。

 

実は人工妊娠中絶(アウス)は当時、がん、脳、心臓の病気を越して死亡原因1位みたいでした。

 

アウスはお腹の胎児の命を奪うと同時に母体である女性の命も落とす危険性があるものだったのです。

 

摘出した胎児はものすごく小さくて、それをフィルムケースほどの小さなケースに入れるというのも×華さんの仕事内容でした。

 

「今日は3体です」

コレなんのことかわかりますか?

 

本日摘出された胎児の数のことです。

 

×華さんは毎日火葬業者に胎児の入ったケースを渡していたのです。

 

×華さんはバイト3日目にしてこんなヘビーなことを体験したのでもう辞めようかなと思ったそうです。

 

「命って何だろう」

 

そう疑問に思い始めた頃、今度は出産という生命の誕生の現場に立ち会った×華さんは「ハッピーバースデーの曲」も流れ涙を流して感動したのです。

 

同じ場所なのに死か生かに分かれる場所・・・。

 

×華さんは、

 

「命というものがよく分かっていないのに、自分が子供を産み出せる想像がつかない」

 

と思うのでした・・・。

 

>>透明なゆりかごの無料立ち読み&お得購入方法はこちら